2014年06月21日

FD2 リバーススイッチ交換

少し前から、ギアをRに入れてもバックランプとバックモニターが作動しない時があったので
ミッションに付いているリバーススイッチを交換しました。

サービスの方が以前「エアクリBOX外して配線をちょっと避ければ交換できますよ〜」と言われていたので
自分で交換しようかと思いましたが、いつも親切で同い年ぐらいのサービスの方に任せることにしました。
(まぁやる気の問題もありますが・・・)

image002.jpg

交換後は当たり前ですがバッチリです。
posted by レーシング at 20:50| Comment(0) | 車関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

FD2 ラルグス車高調取り付け

DVC00046.JPG

先日、純正ダンパーをNeoTuneして乗り心地改善を図りましたが、思いのほか
固いままだったのでラルグス サスペンションキット(フルタップ式車高調)を購入して取り付けました。

車高調の中では安い部類ですが、アフターパーツもあり評価もなかなかですので購入しました。
でも、もっとも購入の決め手になったのはアップガレージで未使用品が69900円で売っていたからですけどね(笑


DVC00047.JPG

取り付け後はこんな感じです。
リアは全下げでフロントはあと2cmぐらい下げれます。
車高をめちゃくちゃ下げたい方には微妙かもしれませんが、そうではないのでなかなか良いです。
前後減衰20(固い方から)で、固すぎず柔らかすぎずです。

もう少し馴染めば落ちると思いますが、とりあえず明日サイドスリップと光軸調整をしてきます〜
posted by レーシング at 13:08| Comment(0) | 車関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

Sanko Work's Neo Tune をFD2で試してみよう(結論)

DVC00041.JPG

少し早い気がしますが、NeoTuneについて体感した結果をまとめます。
個人的な意見になります。

私はコンフォートで施工して250kmほど走行しました。
固い乗り心地が若干改善されましたが、思っていたより変わらないな??と感じました。
さらに柔らかくするセッティングも可能ですが、別途費用が必要になるそうです。(4本で25000円程度、工賃別)

メリット
・車高を落とすつもりのない人には最適。
・純正ベースなので、耐久性の高いAssyを使用できる。
・車高調を購入するより費用が安い(セッティングが1度で決まれば)
・部品持込、発送でも対応してくれるので、自分で脱着出来る人は工賃が節約できる。

デメリット
・後付のバルブの耐久性が不明確(とりあえず1年保障ですが・・・)
・元のダンパー特性から大きく改善することは困難?
・加工ランクの選択について施工店と個人のイメージに差がある場合、
 再施工となり費用が発生する。
(施工実績の多いハイエースやプリウスなら問題ないかも)
・再施工でも1回目とあまり変わらない加工費がかかるので、1度再施工すると普通に車高調が買える。
1回目施工:(工賃約25000円+施工代約31000円)+2回目再施工:(工賃約25000円+再施工代約25000円)=計約106000円


まぁこんな感じですね。
FD2でも純正の良さを生かしてファミリーカーに近づけるならベリーコンフォートで
加工すれば良くなると思いますが、ほとんど跳ねない乗り心地を目指す方には不向きだと思われます。
私は自分で脱着できるので、工賃不要で良い体験が出来ました。複筒式ダンパーの構造を勉強する
機会になってよかったと思います。

【後日追記】
ちなみに施工はトヨタ自動車のお膝元、某SW自動車ですが、木曜日にはできますと言われたので金曜日にとりに行ったら「まだ出来てません」って連絡しろよ!!
乗り心地をよくしたいと相談したのに、あまり変わらないコンフォートでの施工。
バルブを取り付けた部分の保護剤が他の所に着いている!
その後相談しても追加料金をバッチリ取ろうとする。(商売としては当たり前ですが)
二度と関わりたくないし、失敗したくない人は車高調を購入された方が良いと思われます。
車高調も単筒式はガス圧が高いので、複等式の方がオススメです。
自分も個人的にはラルグスよりフルタップに拘りがなければテイン ストリートアドバンスにすればよかったかもしれません(笑
posted by レーシング at 21:23| Comment(0) | 車関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

Sanko Work's Neo Tune をFD2で試してみよう(そのA)

4.JPG

加工前後のダンパーです。
コンフォートで施工してもらいました。


DVC00041.JPG

バルブが追加になっています。
タイヤの空気入れるバルブのような感じになっています。
耐久性は今後、使用しながら確認したいと思います。


3.JPG

とりあえずフロントから交換していきます。


1.JPG


取り付けました。


2.JPG

リアのアッパーは内装を取り外す必要があります。
でも簡単なクリップとネジなので難しい事はないです。


DVC00044.JPG

リアも取り付けました。
リアはダンパーを真面目に?取り外すにはキャリパーを外さないといけませんが、
ダンパーを手で縮めて取り外しました。こっちの方が簡単です。
取り付ける時も予め縮めておいてから取り付けます。


取り付け後は若干段差を乗り越える時の突き上げ感が少なくなった程度ですが、
1週間慣らしをして、また感想を書きたいと思います。
posted by レーシング at 15:32| Comment(0) | 車関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。